今日の新刊コミック


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー


QRコード

QRコード

最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラウンGPの独走を阻止できるのはどのチームなのか?
このまま完全優勝で2009年は終わってしまうのか?

予選でブラウンGPへ牙を向けたのは・・・
復活の兆しを見せたフェラーリのライコネンが会心の走りをしましたが
PPはバトン
2番手がライコネンでした
3番手がバリチェロ
4番手がベッテル
5番手がマッサ

中島一貴くんは今季最高の10番手でした
トヨタはトラフィックに捕まり後方に
ハミルトンはまさかのクラッシュで16番手


決勝はスタートでバリチェロが2番手に上がりライコネンと入れ替え
上位の車はこの入れ替え以外は大きな変動は無く
中段以降はトヨタの2台とハミルトンが追い上げを見せていました

ピットの回数の関係で順位がどのように入れ替わるのかが
抜けないサーキットの勝負でもあるので
しかも予想以上の路面温度の高さでタイヤの磨耗の早さも影響して
序盤でソフトを使用したチームが有利になる展開に
予定周回内で次々とピットへ入る各車
更にモナコなどの市街地コース特有の逃げ道の無いガードレール地獄
これの餌食になる車も出て(クラッシュ地点が多少のエスケープゾーンのある場所でしたのでセーフティカーは今回は導入されませんでした)
サバイバルなレースになってきました
ですが上位の順位は変わらず
トップチェッカーはバトン
次いでバリチェロが2位
3位は今季初の表彰台ライコネン
4位にマッサが続いた
フェラーリは低迷していた分、大きなダブル入賞となった

10位走行の中島一貴くんはラスト2周でクラッシュ完走扱いの15位でした

ブラウンGPの勢いはいつまで続くのか
次戦トルコGPはどうなるのか

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://nezurusu.blog25.fc2.com/tb.php/248-c17c2513
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。