今日の新刊コミック


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー


QRコード

QRコード

最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完全にフェラーリVSハミルトンという図式になってきました

オリンピックに沸いた今年の中国
更に盛り上がりをもうひとつ

今年も上海インターナショナルサーキットで開催されました
去年は波乱のレースでしたけど今年はどうなるのか?

予選は
PPは2年連続でハミルトン
それにライコネン、マッサの順となった
日本勢は振るわず
10番以降でほとんど終わってしまった

それで決勝
40%の確率で雨と予報されていて
降れば波乱が起こる可能性が大きいです

スタートはハミルトンが好調発進
首位をキープ
それをライコネン、マッサが追う展開に

トヨタのトゥルーリがスタート直後に追突されて
次の周ピットへ
でも、ペース上がらずそのままリタイア

ハミルトンがライコネンとの差をどんどん広げて
独走状態
去年の悪夢を払拭するかのように

去年はタイヤを酷使しすぎて
ピットに入るときに曲がりきれずにコースアウト
そのまま初のリタイアに終わったのがこのサーキットだったから

2年目の成長を見せたハミルトンが終始トップ
途中ライコネンとの差が縮まったりしましたが
ほとんど安全な差を維持できていました

終盤にライコネンとマッサが順位入れ替わり
長い直線でのオーバーテイク
チームオーダーが禁止されているので
故意なチーム同士の入れ替えなどをしてしまうとペナルティ対象になってしまう
実際にそれを実行するにはレース中にうまく抜かれないといけない

ライコネンは徐々にペースを落として
タイミングよく交わされた感じとなった

これで順位は
1位ハミルトン
2位マッサ
3位ライコネン
となる

このままレースが終わると
ハミルトンとマッサとのポイント差が7なので
最終戦ブラジルにチャンピオンが決まることになる

ここでハミルトンのチームメイトの
コバライネンがパンクでスローダウン
ピットでタイヤを交換して戻りましたが
パンク状態での走行でダメージがあったのか?
エンジンなどのトラブルが発生したのか?
数周してガレージに戻りそのままリタイア

チームメイトのタイヤがらみの可能性のあるリタイヤ
やはり去年を思い浮かべてしまう

でも、今年は関係無かった
結局
ハミルトンがトップでチェッカーを受けた
2位はマッサ
3位はライコネン

ポイントランキングは
1位ハミルトン 94
2位マッサ   87
3位クビサ   75

チャンピオンはハミルトンとマッサの一騎打ちになった

次回は最終戦ブラジル
11月2日に決勝です

去年同様にここでチャンピオンが決定します
ハミルトン有利ですが順位次第では逆転もあるので
目が離せないですね
それでは次回をお楽しみに


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://nezurusu.blog25.fc2.com/tb.php/185-965b0659
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。