今日の新刊コミック


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


QRコード

QRコード

最近のトラックバック


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大改革の今年、レギュレーション変更が大幅に行われた

一番の変更は空力パーツ

リアウイングは後方に起きる気流の乱れを防ぐために今までの横長から縦長に
サイドにあった細かいウイングが撤廃される
フロントウイングが更に横に広がり、可変式のウイングが追加される

次はタイヤ

過去に存在していた溝の無いスリックが復活
ソフト&ハードの使用はそのまま残った

新しく追加されたシステム
KERSというブレーキの力を蓄えて加速に変換できる機械を搭載できるようになった
車体重量を加算してしまうリスクはあるがこのシステムを使用すると80馬力アップさせられる
コーナーアウトの立ち上がりやオーバーテイクする際などに使えると思われます
搭載は自由なので載せても載せないでもチームの戦略になってくるようだ

去年までの2強時代が変わる下克上
予選からそれは始まっていた
PPフロントロウを新生チームが独占する波乱でした
去年までのホンダを受け継いだブラウンGP
バトンがトップタイム、それに次いでバリチェロが2番
ベッテルにクビサがそれに続く

フェラーリはマッサ6番、ライコネン7番
マクラーレンはコバライネン12番、ハミルトン13番
後方に沈んだ
トヨタはウイングの規定違反でピットスタート
中島一貴はマシンが好調だったがミスで11番スタート

決勝は毎年のようにスタート直後の第1コーナーで多重クラッシュがあり順位は大きく変動した

ブラウンGPの2台はバリチェロがスタートミスで順位を落としたがレースペースの良さで安定した走りを続けバトンはそのままトップでチェッカー、バリチェロは残り4周で2、3位の2台がクラッシュして繰上げ2位のチームワンツーを達成

中島一貴は途中でスピンしてしまいリタイア

トヨタはトゥルーリが3位(後に違反で12位降格)グロックが5位(トゥルーリ降格で4位)
ハミルトンは運よく3位になって
後方に沈んだフェラーリに差をつけた

今年のF1はヨーロッパまで行っても波乱が続くかもしれません
来週のマレーシアGPで今年の動向が少しわかるかも

トヨタと一貴くんに期待しましょう


スポンサーサイト
それでは、2009年の選ばれたドライバーを紹介します

ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス
ルイス・ハミルトン
ヘイキ・コバライネン

スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
キミ・ライコネン
フェリペ・マッサ

BMWザウバーF1チーム
ロバート・クビサ
ニック・ハイドフェルド

INGルノーF1チーム
フェルナンド・アロンソ
ネルソン・ピケJr.

パナソニック・トヨタ・レーシング
ヤルノ・トゥルーリ
ティモ・グロック

スクーデリア・トーロ・ロッソ
セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブルデー

レッドブル・レーシング
マーク・ウェーバー
セバスチャン・ベッテル

AT&Tウィリアムズ
ニコ・ロズベルグ
中嶋一貴

ブラウンGP・フォーミュラ1チーム
ジェンソン・バトン
ルーベンス・バリチェッロ

フォース・インディアF1チーム
エイドリアン・スーティル
ジャンカルロ・フィジケラ

全10チーム20名のドライバーです
大きな変動はそれほどないですが
クルサードの引退で若干チーム移動しているドライバーもいますけど
個人的に佐藤琢磨さんが参戦できなかったのは寂しいです
中島一貴くんに頑張ってもらいましょう

それでは、開幕戦オーストラリアGPをお楽しみに
今年もF1サーカスの興行が始まります
発表された年間の予定を載せておきます

開幕戦  3月27~29日 オーストラリアGP(アルバートパーク・サーキット)
                 メルボルンのある公園の特設サーキット

第 2戦  4月 3~ 5日 マレーシアGP(セパン・インターナショナル・サーキット)
                 クアラルンプール近郊にあるサーキット
    
第 3戦  4月17~19日 中国GP(上海インターナショナル・サーキット)
                 漢字の『上』もモチーフにしたレイアウト、今年は春開催
    
第 4戦  4月24~26日 バーレーンGP(バーレーン・インターナショナル・サーキット)
                 首都から少し離れたサキール市内のサーキット

第 5戦  5月 8~10日 スペインGP(サーキット・ド・カタロニア)
                 毎年合同テストが行われるバルセロナ近郊のサーキット

第 6戦  5月22~24日 モナコGP(モンテカルロ市街地コース)
                 コートダジュール海岸にできる特設コース、世界3大レースの1つ

第 7戦  6月 5~ 7日 トルコGP(イスタンブールパーク・サーキット)
                 首都イスタンブール近郊にあるサーキット

第 8戦  6月19~21日 イギリスGP(シルバーストン・サーキット)
                 ノーサンプトン市にある戦時中飛行場だったコース

第 9戦  7月10~12日 ドイツGP(ニュルブルクリンク)
                 アイフェルの山間のコース 2年前までヨーロッパGPとして使用

第10戦  7月24~26日 ハンガリーGP(ハンガロリンク)
                 ブタペスト近郊の伝統のあるサーキット

第11戦  8月21~23日 ヨーロッパGP(バレンシア市街地コース)
                 スペイン バレンシアの海岸沿いのできる特設サーキット

第12戦  8月28~30日 ベルギーGP(サーキット・ド・スパ-フランコルシャン)
                 F1最長の7キロもあるサーキット
 
第13戦  9月11~13日 イタリアGP(アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ)
                 フェラーリのお膝元、王立公園内のあります

第14戦  9月25~27日 シンガポールGP(マリーナベイ・ストリート・サーキット)
                 F1初のナイトレースを開催、マリーナベイにできる特設コース

第15戦 10月 2~ 4日 日本GP(鈴鹿インターナショナル・レーシング・コース )
                 3年ぶりの開催、ホンダのホームサーキット

第16戦 10月16~18日 ブラジルGP(アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ)
                 サンパウロ近郊の特殊な地形にできた逆周りコース
 
第17戦 10月30~11月1日 アブダビGP(ヤス・マリーナ・サーキット)
                  初開催、フェラーリのテーマパークもあるヤス島のコース

今年は17戦あります

初開催のアブダビGPや復帰のドイツのニュルブルク、日本の鈴鹿など2008年とは一新された感じですね

今年もすばらしいレース、白熱したバトルを沢山見れることでしょう

次は参戦チームとドライバー紹介します

それでは・・・
ちわっす!!

これを見ている人はいるのだろうか・・・

先日、たまたまメイポのアイコンをクリックしてしまったところ・・・

最新のパッチが完了、少しだけINしました

当分はアトランティカONLYとなりますが

そのうち復帰するかもしれん

きまぐれな私を許してね

それでは、また

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。